9月の活動紹介
Toki Elementary School
 
ホーム
 
学校紹介
 
活動紹介
 
 学校だより「光迪」
  
いじめ基本防止方針
 
リンク
 

令和3年度

 大雨や洪水に関わる防災学習(9月1日)
 本来であれば9月1日の防災の日に合わせて命を守る訓練を予定していました。しかし、緊急事態宣言が出て、全校が一同に会することはできなくなりました。そこで、健康部の先生方が中心になって防災学習を実施しました。土岐小学校周辺で一番気を付けなくてはならない大雨や洪水の恐ろしさや対処の仕方について、土岐川が氾濫したときのことを経験した先生の放送を聞いたり、大雨で道路が冠水したときの避難のポイントをタブレットを使って見たりして学ぶことができました。


 夏休み作品展(9月2日)
 8月31日からの3日間、体育館で夏休みの作品展を行いました。今年度は感染拡大防止のため保護者や地域の皆様には見ていただくことができませんでした。各学級ごとに時間をとって見学をしました。特に1年生は、お兄さんお姉さんの力作をみて、驚きの声をあげていました。この夏休み、保護者の皆様がお子様とよい関りをもっていただけたことが分かる素晴らしい作品ばかりでした。なんとかして保護者の皆様にも作品展の様子をお伝えできないかと工夫をしているところです。





 運動場の草取り(9月6日)
 緊急事態宣言が発令されたため夏休みのPTA奉仕作業が中止になってしまいました。10月9日(土)に予定している運動会に向けて体育の時間をつかって運動場の草取りをしています。今日は2年生が3時間目にみんなで一生懸命草取りをしていました。土がいっぱいついてくるのできちんと土をはらいながら、感染拡大防止に気を付けながらがんばりました。

 全校での運動場の草取り(9月7日)
 今日の朝活動は、急きょ、全校での草取りをしました。密集を避けて、全校を半分ずつの時間差で行いました。子どもたちは、遊んだり、サボったりすることなく黙々と草を抜きました。ほんの30分前の運動場とはまったくちがう景色になりました。みんなの力を合わせると大きなものになることを実感できました。


土岐小わくわくうぃーくスタート(9月13日)
 緊急事態宣言が9月30日まで延長になりました。学校での活動もいろんな制限があります。こんな中ですが、何か楽しいことはできないかな・・・と教頭先生や加納先生が中心になって「土岐小わくわくうぃーく」をはじめました。毎朝、学年の掲示板に暗号のようなクイズがはられます。その答えを1週間すべて正解すると、すてきなプレゼントがもらえます。さっそく「答えがわかったよ!」そんな声があちこちから聞こえてきました。

土岐小わくわくうぃーく2日目(9月14日)
 昨日から始まった「わくわくうぃーく」も2日目に入りました。朝、児童玄関に急いでやってくる児童がいました。「わくわくうぃーくの問題が早く見たいから」と階段をかけ上がっていきました。今日は手話のクイズです。一緒に考えてみてください。

土岐小わくわくうぃーく3日目(9月15日)
 「わくわくうぃーく」3日目です。今日のクイズは1年生用と2〜6年生用に分かれていました。学校の道具がまるで顔のようにみえる写真がクイズの問題でした。1年生は、写真をみた瞬間に「わかった!」と自慢気に教えてくれました。2〜6年生用のクイズは少し難しそうでした。ある遊具の近くの写真ですが、その遊具の名前が答えです。

土岐小わくわくうぃーく4日目(9月16日)
 「わくわくうぃーく」4日目です。今日はクイズではなくミッションでした。朝の会前に各教室を回ると、「もうジャンケンしたよ!」「○○ちゃんとやってね。勝ったよ!」そんな声をたくさん聞くことができました。わくわくうぃーくのクイズやミッションは朝一番の楽しみになっています。

運動会のスローガン発表(9月17日)
 今日の朝の活動は運動会の「スローガン」の発表がありました。感染拡大防止のためテレビ放送による発表となりましたが、なかよし委員会の5・6年生が寸劇も交えながら元気いっぱいの発表をしてくれました。全校の児童にも、その思いが伝わったことでしょう。ぜひ、10月9日に予定通り開催できるといいです。

北中さんから花鉢をいただきました(9月21日)
 放課後に7人の土岐小を卒業した北中生が来校して、アルミ缶回収で購入した花鉢を届けてくれました。1年生から3年生のボランティア7名が、立派な態度で訪問してくれました。在校時に担任だったり、教科を教えてもたったりした先生方も出てきて、職員も中学生も笑顔が溢れる時間となりました。一つ一つの鉢に、班ごとにメッセージも書いてありました。コロナ禍でいろんな制限がある中、自分たちができる地域貢献をしようとする姿を全校児童にも伝えたいです。



運動会に向けて(9月27日)
 10月9日の運動会に向けての取組が、緊急事態宣言の中ですが、始まっています。全校や複数の学年で集まることはできませんが、それぞれの学年で個人競技や団体競技の練習をしています。なかよし委員会の5年生4人が素晴らしい運動会のスローガンも作成してくれました。10月になったら、何とか全校練習ができることを今は願うばかりです。

コロナ禍でも授業を頑張っています(9月28日)
 緊急事態宣言が発令されて授業も様々な制限があります。音楽では鍵盤ハーモニカやリコーダーを使った授業ができません。そこで、4年生では、タブレットの鍵盤を使って階名の学習をしています。緊急事態宣言が解除になったら、外でリーコーダーにチャレンジしてみます。また、1年生では生活科でドングリゴマづくりをしました。本来なら、校外学習でみんなで拾いにいく予定でしたが、行けないため各家庭で拾ってもらいました。大きなドングリがたくさん集まりました。ありがとうございます。


北中さんからいただいた苗が花を咲かせました(9月29日)
 先週の月曜日に瑞浪北中学校の代表生徒が花の苗を届けてくれました。校務員さんにプランターに移し替えてもらった苗が花を咲かせました。これからさらに大きく美しい花を咲かせることでしょう。


運動会に向けて2(9月29日)
 昼休みには選手リレーの1回目の練習がありました。それぞれの学級の代表としてがんばろうという意気込みに溢れていました。また、6時間目には、初めての運動会の係会があり、それぞれの役割分担が決まりました。運動会に向けて本格的に動き出しました。